2011年06月17日

継続の難しさ

こんにちは。まちゃです。

さて、普段から私はいろんなグループに参加し、
活動をさせていただいている訳ですが。

大抵、どんなグループも3年位経たないと
グループの良さというか、特長が浮き彫りになってきません。
なのに、なかなかそこまで継続させるのが一番難しい。

何故なんだろう? ふと、考えてみようと思いました。


グループを作る時は、みんな夢があって活動的。
活動を始めたら、最初は凄く嬉しくて盛り上がり、
しばらくはとても活発な動きが出来るんですよね。

ところが。
何年か続けていくと、何かのきっかけで一変してしまう。

人間関係もあるかもしれない。
夢がなくなるのかもしれない。
意欲が込みあげてこなくなったのかも。
他に興味が向いてしまったのかも。

理由はどうであれ、スランプ時期みたいなものが発生します。
継続の難しさを感じるのはこんな時。

だからこそ、この時期はなるべくたくさん話し合いをし、
1人でも多くの意見を出し合いながら乗り切りたと常々思います。

だってね。
ここを乗り越えると、また新たな愉しさが見えてくるんだもの。

私は、経験からですが、1年、3年、10年が
その悩める時期なのかな?と感じています。

現在、関わるグループの中で、
結成1年目が1つ。
結成3年目が1つ。
結成10年目が1つ。
おやおや。ちょうど悩める時期にいました。
自分なりにじっくりと向き合っていきたいと思っています。

そして、継続の難しさを乗り越え、
続けて来たからこその基盤をもとにして
新たな愉しさへとシフトしていきたいと夢が膨らんできました。
posted by まちゃりん at 18:34| Comment(2) | 語りぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間の活力の敵は「飽き」。季節でやばいのは「秋」。ともに飽食の果てに見失う現在地。
Posted by nagune at 2011年06月18日 22:04
nagune様
現在地を見失っては困りますよね。
そのためにも、是非、目標の着地点を決めて「あき」ないようにしなきゃですね。
Posted by まちゃりん at 2011年06月22日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。