2015年03月16日

地元を顧みる

先日13日、確定申告で久しぶりに池田市へ。
前からしたかった地元三昧してきました。
地元って、意外と知らないことがあったりしません?
いつでも行けると思うから顧みないとでも申しましょうか。
そんな訳で、何年ぶりにゆっくりまわったかしら?

インスタントラーメン記念館は、リニューアルオープンしてから行くことにして、今回は、五月山方面へGO。

池田城跡に佇み、池田の姓を名乗らせてもらっていることの歴史を感じます。
2015-03-14 15.57.59.jpg
既に、五月山はうっすら白くなってて…。
あと2週間もすれば、きっと山が一面ピンク色に染まるのねー
私が桜好きなのは、これを見て育ったからかもしれません。はい。

五月山動物園でウォンバットも見たかったけど、時間があったんで今回は別の選択肢。

逸扇美術館 → 神さま仏さま祈りの美術
マリアさまの祈る横顔の絵。何故かとても惹きつけられ。
しばらくじーっと眺めちゃいました。

小林一三記念館 → 宝塚100周年記念の海外公演の夢
海外公演の大変な部分と、夢を形にしてきた経緯。それにまつわる日記の内容。
発想と実現力は、全てにおいて素晴らし過ぎて熟読。
パネルを読んでいてワクワクしました。
凄い方が池田に住んでいらしたんですね。今更ながら嬉しい。

さて、芝居が楽しいと感じるのは、大劇場に連れてってもらってた事が影響しているかも。
3階席で歌劇を観つつ、ハイハイしてる私を遊ばせてたらしいしf(^_^;
何故か未だに烏帽子をかぶった日本モノのワンシーンを思い出すんですよね。
何の作品かは、全く判らないけれど…。

ばぁちゃん子だった私。
芝居も映画も歌も。全部、ばぁちゃんから引き継いだ気がしています。
誕生日が同じだったから、「私の孫」だと言ってじいちゃんに抱かせなかったとか。
その為、じいちゃんは母に『私の孫を産んでくれ』と頼んだそうな。
そして2年後。本当に、じいちゃんと同じ誕生日の妹が産まれた奇跡。
2歳の時に、願えば叶うっていうのを間近で初体験した訳ですね。

人口10万程度の小さな町。
けれど、こじんまりしているから良いんだと思う。
大阪にもすぐだし、主要道路も空港も近くてアクセス抜群。
そして、住む人々がなぜか穏やかな印象。
急いでないって言うのかなぁ〜

私も、こじんまりで構わないから、
良い仕事、良い出逢い、良い環境で生活できればいいなと思う。


改めて池田市を歩くと、とても心地好かった。
桜が咲き乱れ、みんながほんわか笑顔になれる季節がやってきた。
私の気晴らしコースに加えてみようかな。

そうだ。たまには地元を探索しよう♪

何だか地元って不思議。
自分の原点でもあるし、大切にしなきゃね。
たまには顧みるってことも大事なのかも・・・
posted by まちゃりん at 01:31| Comment(0) | つれづれぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。