2016年01月17日

体が資本

2014年9月に始まった琉球舞踊のお稽古。
みんなと違って練習がほとんど参加できずにいまして、
どんどん遅れを取ってしまい、先生がとても気にして下さってます。

それというのも、2016年9月に先生の門下生たちの発表会があり、
まだまだまともに動けない私たちまでも参加の見通し。

こりゃヤバイということで、個人レッスンをたまにお願いしています。

年末28日には、2時間も稽古をつけていただき、細かいポイントを整理。
自分なりに少しは追いついていけるかな?という感じだったのですが・・・。

何と次の日、29日の明け方に七転八倒の苦しみが体を襲い。
検査の結果、尿管結石。
まぁ、最近は女性も増えたとは言いますが、まさかの展開に自分でもびっくり。

明け方に急にベッドの中で苦しみ始めた訳ですが、
最初は前日の練習で頑張りすぎて腹筋などの筋肉痛かと思ったんです。
ところが、あまりに右のお腹が痛いので、次に感じたのが盲腸。
若い頃から盲腸には気をつけろと言われ、たまに痛むとすぐ痛み止めを飲んでいました。

そのため、ベッドから這うようにしてキッチンへ行き、痛み止めを飲んだんです。

ところが。
10分もしないうちに、嘔吐。

秋口からアルコールを摂取した日によく家に戻ってから気持ち悪くなり
嘔吐をすることが何度かありました。

左の肩甲骨の下辺りや、左の二の腕などが引きつれてずっと痛くて・・・。
整骨院で施術してもらっていましたが、10月末には施術した後に痛みが酷くなったり。
今考えると、その頃から何かしら体がサインを出していたんでしょうね。
そうとも知らずに年末まで引っ張ってしまったんですね。

自分の体調の変化に何かと気づいてはいても、まさかの展開に驚く始末。

おかげで、年末年始は水分取りながらずっと寝込んでいました。
なにせ、狂ったように痛いんですもん。
続いてめまいが出現。寝る時、起きる時にグルグル回ります。

年が明けてから泌尿器科に移り、再度診断してもらうと、7.5ミリほどのデカイ石が。
]線検査の結果を見ましたが、しっかり詰まっていましたよ。

おかげで、今は、石を出しやすくする薬と痛み止めを併用。
毎日2リットルの水分を取りつつ、頑張っています。

七転八倒って言葉がドンピシャで当てはまるこの痛み。
なってみないと解らない、とてつもない苦しみ。

ある意味、今の私には必要な体験だったのかもしれません。

この痛みを乗り越えられたら、大抵のことは頑張れる!
何だかそんな気がしてきています。

そして、自分の体を大事にしようって改めて思いました。

皆さん、健康は生きていく上で一番大切なものです。
心も体も、共に健康でなければ、歩んでいけないと思います。

この年になって、改めてそんな基本的なことを考えされられた正月。
忘れられない経験となりました。

今日もまた、薬を飲んでいるのに右の脇腹が重痛い。イタタタタ。
頑張らなきゃですが、あまり無理もできません。
しっかりと医者の言うことを守って、水分摂取に勤しみます。
薬のせいか体がずっとだるいのですが、健康を取り戻すため頑張ります。
posted by まちゃりん at 18:53| Comment(0) | つれづれぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。