2016年05月03日

ミラクルは続く

最近、診察の時に医者から何を言われてもあまり驚かなくなってます。

 
4月28日、治療室へGO!というタイミングで、
何故か先生が画像診断されてますから、ちょっと待っててねと、看護士さんに言われて待つことになった。

衝撃波治療のために、座薬を貰う時間のはずなんだが…。
しばらくして診察室に入ってみると、そこには治療担当の先生。

 
あっ、先生、こないだはありがとうございました。今日も治療をよろしくお願いします!
とまぁ、簡単に挨拶を交わす。

すると、先生からの、次の言葉がコレ。

本日の治療は中止しましょう!

??? 
えっ、中止?

はい、ごく稀にあることなんですが…。とても珍しいケースです。

何のことか分からぬまま画像を見せてもらうと・・・。

石が動いてる!しかも、変な場所が白いじゃないかい?


先生は、スケールで白く映る石を計り…。
やはり、これですね、石が腎臓に戻ってます。

えっ?つまり…。

つまり、石が逆流して何故か腎臓へ戻ってるみたいなんで、今日は出来ません。
入院してもらわないと治療出来ないですね。

 
ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ どないなっとるねん。

ミラクルやんけ、マジか!
逆流?、何故、下に降りずに上に行くのさ。

前回の治療で、石の周りの角が削れて動きやすくなったのかもしれませんね。
石が軽かったのかもしれません。
何かの、例えば車の振動とかで衝撃があって、ピュンと飛んで移動したとか。

先生も、可能性の話ばかり。
かも、かも、かも・・・。


挙句に、看護士さんまでが、ここの担当になってから初めて見ました。

 
何でかなぁ。
またミラクルや!

確かに画像にはその様子が映ってました。
sDSCF9005.jpg
ピヨーンっと伸びてますね、カテーテル(笑)
初めて見た時は、びっくりしました。

診察を受ける度にいろんなことを言われるし、親への説明も大変。
もう、何が何だかよく分からなくなってきています。
分かっているのは、痛重い・体がいつもダルイ・カテーテルが触って痛い。
とまぁ、体の中で、どこかが毎日ずっと痛いということだけ。
なので、現状を親に解ってもらうために、画像のコピーをもらいました。
なるべく痛み止めを飲まないようにしていても、3日以上間隔が空いたことは無し。
痛み止めを飲んでいても歩いていて痛いんだから、日によってはどれだけ痛いんだか・・・。
考えただけでも痛いねー

痛みと血尿は比例していることが多いので、日々、様子は解るかな。
5000歩超えると血尿が多くなるので、万歩計が血尿バロメーターになってます。

小さく映る石も、衝撃波治療後しばらくは、カテーテルの横に映っていたのにね。
気付けば、確かにカテーテルからは離れた場所になってます。
2回レントゲン検査してこれだから、間違いなく腎臓に戻ってますね。


人生と一緒で何が起こるか解らんもんですねー
おかげで、また治療期間が延びちゃった(笑)

 
さて、5月2日。
本日、担当医の先生と再検討。
来週に、もう一度衝撃波治療にチャレンジします。

腎臓に石が戻ってしまったために、
腎臓に直接衝撃波が当たるので、今度は入院が必要だとか。

入院してまで衝撃波破砕治療しても石が完全に砕けるという断言はできないんだけど。
まぁ、それでも先生との話で、これが一番良い方法なんじゃないかと思った訳。
なるべく早い時期にカテーテルを抜き取りたいですからね。

 
こうなりゃ、しっかり自分の体と向き合って治療楽しむしかないですね。

どうやら、叔母さんも同じ日に入院しているみたいなんで、親はついでに様子を見に来るとか。
叔母さんと久しぶりに会うのが、まさか市民病院の入院棟だなんてね。変な感じ。

とりあえず、5月中にカテーテルを外す!というのが目標です。
腎盂の腫れが治まってくれることを願って。
posted by まちゃりん at 01:25| Comment(0) | 言の葉ぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。