2016年05月14日

久しぶりの入院でした

久々の入院でした。

37年ぶりに入院した先は、偶然にも小学校の頃に肺炎で入院した病院。
とはいえ、時が経ったと感じるのは、移転してきれいな病院になっていたこと。

そう。
現在通っている市民病院です。
この5ヶ月通っていますが、とても心地好いです。

病院が心地好いってね、良いのかどうかって話ですが、
月に数回通っているうちに、泌尿器科にいる受付のお姉さんとも親しくなって。
現在の状況なんかを話しているうちに、受付で診察券渡す前に名前を呼んでくれ
毎回、早く善くなると良いねって、声をかけてくれるようになりました。

さてさて、入院する必要があるのか?って話ですが。

石が腎臓に戻ってしまったため衝撃波の治療で出血がひどい可能性があると。
なので、念のために一日入院をして欲しいと言われました。

それが、面白いことに、同じ日に整形外科の関連で叔母が病棟に入院。
昨年に田舎へ法事に行く途中に、母親も乗った車が横転。
叔母は足を複雑骨折してしまい、足のボルトを抜く日に重なっていたのです。
sCM160512-145229001.jpg
母親は、偶然とはいえ、一緒に見舞ができるから顔出すわ〜

そんな感じで来てくれました。

衝撃波の治療は14時からだというのに、入院手続きは朝10時前から。
朝早くにパンをちょっとだけ食べたものの、お腹すいた状態で病院へ。

CM160513-063717001.jpg

持参したポットにお湯を入れて、麦茶を作って、準備完了。

お昼ご飯食べたいなぁ〜
なんて思いながら治療を待つ私。
13時半には準備に入るって感じだったのに、前の方の治療が押したようで、
気が付いたら母親が仕事終わりで到着。

おまんじゅうとさくらんぼを持ってきてくれました。
1人でこんなに食べれない!ってくらいの量。

整形に入院している叔母の部屋は、明るい雰囲気で差し入れを分けわけ出来る感じ。
けれど、私の入った部屋は、結構大変な方が多い部屋だったので、
ずっとカーテンが引かれている状態でした。

必要以上のものを食べるなんてとんでもないって感じだったので、
差し入れることが出来ませんでした。

重篤患者ではないのに、着替えを済ませて治療室に向かう時は車椅子。
看護師さんが押してくれるという手厚い状態での移動。

移動して待っていると、母親が叔母の見舞から合流。
パチン、パチンと治療室から音が鳴るのを聞いて、
『痛そうな音やなぁ』なんて言ってました。

場所がずれると痛いんですよ、確かに。

1時間はかかるから待ってなくて良いよ!
そういって治療室へ。

2回目ともなると慣れたもんで、治療台に上るのもへっちゃら。
コワイって感じは無くなってました。

1回目は、痛いかも・・・
という不安もあり、1時間の治療中は、ずっと沖縄民謡を鼻歌で歌っていた私。
治療開始前の位置合わせで、先生が間違ってボタンを押し時が一番痛かったというオチ。

それくらいの印象だったので、腎臓をアタックする痛みがどんなものか?ということしか
不安は無かったという訳です。はい。

おかげで、開始時間は1時間ほどずれましたが、あっという間に終わった感じ。

治療終了後に外へ出ると、母親が気にして戻って来ていました。
『ずっとパチンパチンって音がしてたわ!』
「先生がね、また割れた様子がないって言っててん」
『あんなに痛いの頑張ったのに?』
「いや、音は痛そうやけど、実際は慣れたらチクッってくらいやで」
『そうなんかいな、凄い音が外まで聞こえてたんやで』
「確かにね、けど、そんなに痛くはないねん。寝そうになったし」
『余裕やなぁ』
「座薬が効いてるから痛くないんやけど、だんだん眠くなるんよ」
『出たらええな〜』
車椅子で病室へ連れて行かれる間、ずっとそんな話をしてくれていました。

病室へ戻ると、石が出た時の準備を渡されました。
名前の書いた蓋つきのコップと、茶こし(笑)
4月に行った衝撃波治療からの愛用アイテムって感じ。

けれど、先生の話では砕けた様子はないので、期待薄し。トホホ。
頑張って出血を止めるためにガンガンお茶を飲んで、入院を愉しむべし!
そんな感じでした。

CM160512-182312001.jpg
夜は、ミンチカツ。
CM160513-082222002.jpg
朝は、苦手な牛乳つき。パンは食べやすいものでした。

心配された血尿は、1回目の時と同じで、最初だけ。
どす黒い、黒に近い血尿がドッとお出ましになりました。

初めて見た時は、こんな色の尿って本当に大丈夫なの?
と、不安になりましたが、2回目ともなるとそれもクリア。

水分いっぱい取って、洗い流すと大丈夫!
なんて、意外と冷静に対応出来ちゃうから不思議です。
案の定、夜中のトイレ数回で通常運転に・・・。

体って、治癒力すごいですね。

何をしたっていう訳ではなかった一日入院でしたが、
痛みと闘いながらも、忙しかった日々に対し、
しばしの休息だったんじゃないかなと思います。

早く、出ろ出ろ、お石さま!

posted by まちゃりん at 00:00| Comment(0) | 言の葉ぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。