2016年01月17日

体が資本

2014年9月に始まった琉球舞踊のお稽古。
みんなと違って練習がほとんど参加できずにいまして、
どんどん遅れを取ってしまい、先生がとても気にして下さってます。

それというのも、2016年9月に先生の門下生たちの発表会があり、
まだまだまともに動けない私たちまでも参加の見通し。

こりゃヤバイということで、個人レッスンをたまにお願いしています。

年末28日には、2時間も稽古をつけていただき、細かいポイントを整理。
自分なりに少しは追いついていけるかな?という感じだったのですが・・・。

何と次の日、29日の明け方に七転八倒の苦しみが体を襲い。
検査の結果、尿管結石。
まぁ、最近は女性も増えたとは言いますが、まさかの展開に自分でもびっくり。

明け方に急にベッドの中で苦しみ始めた訳ですが、
最初は前日の練習で頑張りすぎて腹筋などの筋肉痛かと思ったんです。
ところが、あまりに右のお腹が痛いので、次に感じたのが盲腸。
若い頃から盲腸には気をつけろと言われ、たまに痛むとすぐ痛み止めを飲んでいました。

そのため、ベッドから這うようにしてキッチンへ行き、痛み止めを飲んだんです。

ところが。
10分もしないうちに、嘔吐。

秋口からアルコールを摂取した日によく家に戻ってから気持ち悪くなり
嘔吐をすることが何度かありました。

左の肩甲骨の下辺りや、左の二の腕などが引きつれてずっと痛くて・・・。
整骨院で施術してもらっていましたが、10月末には施術した後に痛みが酷くなったり。
今考えると、その頃から何かしら体がサインを出していたんでしょうね。
そうとも知らずに年末まで引っ張ってしまったんですね。

自分の体調の変化に何かと気づいてはいても、まさかの展開に驚く始末。

おかげで、年末年始は水分取りながらずっと寝込んでいました。
なにせ、狂ったように痛いんですもん。
続いてめまいが出現。寝る時、起きる時にグルグル回ります。

年が明けてから泌尿器科に移り、再度診断してもらうと、7.5ミリほどのデカイ石が。
]線検査の結果を見ましたが、しっかり詰まっていましたよ。

おかげで、今は、石を出しやすくする薬と痛み止めを併用。
毎日2リットルの水分を取りつつ、頑張っています。

七転八倒って言葉がドンピシャで当てはまるこの痛み。
なってみないと解らない、とてつもない苦しみ。

ある意味、今の私には必要な体験だったのかもしれません。

この痛みを乗り越えられたら、大抵のことは頑張れる!
何だかそんな気がしてきています。

そして、自分の体を大事にしようって改めて思いました。

皆さん、健康は生きていく上で一番大切なものです。
心も体も、共に健康でなければ、歩んでいけないと思います。

この年になって、改めてそんな基本的なことを考えされられた正月。
忘れられない経験となりました。

今日もまた、薬を飲んでいるのに右の脇腹が重痛い。イタタタタ。
頑張らなきゃですが、あまり無理もできません。
しっかりと医者の言うことを守って、水分摂取に勤しみます。
薬のせいか体がずっとだるいのですが、健康を取り戻すため頑張ります。
posted by まちゃりん at 18:53| Comment(0) | つれづれぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

地元を顧みる

先日13日、確定申告で久しぶりに池田市へ。
前からしたかった地元三昧してきました。
地元って、意外と知らないことがあったりしません?
いつでも行けると思うから顧みないとでも申しましょうか。
そんな訳で、何年ぶりにゆっくりまわったかしら?

インスタントラーメン記念館は、リニューアルオープンしてから行くことにして、今回は、五月山方面へGO。

池田城跡に佇み、池田の姓を名乗らせてもらっていることの歴史を感じます。
2015-03-14 15.57.59.jpg
既に、五月山はうっすら白くなってて…。
あと2週間もすれば、きっと山が一面ピンク色に染まるのねー
私が桜好きなのは、これを見て育ったからかもしれません。はい。

五月山動物園でウォンバットも見たかったけど、時間があったんで今回は別の選択肢。

逸扇美術館 → 神さま仏さま祈りの美術
マリアさまの祈る横顔の絵。何故かとても惹きつけられ。
しばらくじーっと眺めちゃいました。

小林一三記念館 → 宝塚100周年記念の海外公演の夢
海外公演の大変な部分と、夢を形にしてきた経緯。それにまつわる日記の内容。
発想と実現力は、全てにおいて素晴らし過ぎて熟読。
パネルを読んでいてワクワクしました。
凄い方が池田に住んでいらしたんですね。今更ながら嬉しい。

さて、芝居が楽しいと感じるのは、大劇場に連れてってもらってた事が影響しているかも。
3階席で歌劇を観つつ、ハイハイしてる私を遊ばせてたらしいしf(^_^;
何故か未だに烏帽子をかぶった日本モノのワンシーンを思い出すんですよね。
何の作品かは、全く判らないけれど…。

ばぁちゃん子だった私。
芝居も映画も歌も。全部、ばぁちゃんから引き継いだ気がしています。
誕生日が同じだったから、「私の孫」だと言ってじいちゃんに抱かせなかったとか。
その為、じいちゃんは母に『私の孫を産んでくれ』と頼んだそうな。
そして2年後。本当に、じいちゃんと同じ誕生日の妹が産まれた奇跡。
2歳の時に、願えば叶うっていうのを間近で初体験した訳ですね。

人口10万程度の小さな町。
けれど、こじんまりしているから良いんだと思う。
大阪にもすぐだし、主要道路も空港も近くてアクセス抜群。
そして、住む人々がなぜか穏やかな印象。
急いでないって言うのかなぁ〜

私も、こじんまりで構わないから、
良い仕事、良い出逢い、良い環境で生活できればいいなと思う。


改めて池田市を歩くと、とても心地好かった。
桜が咲き乱れ、みんながほんわか笑顔になれる季節がやってきた。
私の気晴らしコースに加えてみようかな。

そうだ。たまには地元を探索しよう♪

何だか地元って不思議。
自分の原点でもあるし、大切にしなきゃね。
たまには顧みるってことも大事なのかも・・・
posted by まちゃりん at 01:31| Comment(0) | つれづれぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

町は変わっても

私の住んでいる町で、長い間反対運動がありました。
心地よい町がいいよねというタイトルで以前に書いた問題です。
http://kotonohagusa.seesaa.net/article/393404092.html

あれからずっと気になってはいましたが、
春を過ぎた頃から、反対の看板がキレイに取り外されました。
地元自治会さんたちが中心となり、市と施工会社と話し合いがあったんですね。
反対の看板を見ると残念な気持ちになっていたので、ホッとしたものです。

そして、昨日ポストに入っていたのは・・・
新しい町の分譲案内図。

見ると、豊中グラウンドの跡地の周りのものがありました。
今週末から希望者による申込みが開始だそうで。
見ると、戸建てが並ぶようです。

その周りのマンション計画も、5階建てだったりする様子。
軒並み高いマンションが並ぶのは、どうも息苦しくて・・・
戸建てが並ぶ静かな住宅街に12階建てのマンションはね〜
やはり異質と言いますか、町の雰囲気もガラッと違ってきますもんね。
なので、本当に良かったわぁ。

豊中グラウンドで全国中等学校優勝野球大会の第1回大会が開催されてから
来年が100年になるんだそうな。

今年は、雨により夏の高校野球は、最初から遅れていますが、
地方の予選から頑張っている野球少年たちの代表として
懸命にプレイしている高校球児たちが大好きです。
泥まみれになっても一塁へスライディングする選手。
あぁ。やっぱスポーツ観戦は野球だなぁ〜

これから1〜2年の間に、町並みはすごく変わっていくと思います。
けれど、気持ちは変わらないで欲しいな。やっぱり歴史ある町は守らなきゃね。

静かに球児たちの活躍を見守り、次世代へと繋いでいくんだろうなぁ
高校野球発祥の地「豊中グラウンド」は、今日も静かに佇んでいます。
posted by まちゃりん at 00:33| Comment(0) | つれづれぐさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする